キャスト紹介2

◆伊藤仁太郎(いとうにたろう)役
大田雄磨(新潟活性化Men’sユニット「NIE’S」)

代々新潟港の水先人稼業(水戸教)を任ってきた伊藤仁太郎一家の当主。男気あふれる任侠肌で、水先案内だけでなく港の人命救助にも力を注いだ実在の人物。
仁太郎を演じるのは、新潟活性化Men’sユニット「NIE’S」の大田雄磨。
東区市民劇団 座・未来の舞台は、これが3作目の出演。

伊藤仁太郎

Share Button

キャスト紹介1

◆川原乙松(かわはら おとまつ)役
佐竹友広(東区市民劇団 座・未来)

初の公選水先人として新潟へ赴任し、新潟港の発展の為に獅子奮迅の活躍をした実在の人物。
伝説の水先人・乙松を演じるのは東区市民劇団 座・未来の佐竹友広。熱いハートと冷静な判断力、太い胆力など、乙松と相通じるものがある。
今回、初の座長公演となる。

川原乙松

Share Button

チケットのお求めは

 

◆チケットのお求めは

・東区プラザ(事務室にて直接ご購入いただけます)
・東区市民劇団 座・未来
(電話またはメールにてご連絡ください)
※当日精算でお取り置きします
・インターネット
PCから https://ticket.corich.jp/apply/94668/
携帯から http://ticket.corich.jp/apply/94668/
・出演者、スタッフからも直接お求めいただけます。

Share Button

チケット絶賛販売中です!

【東区市民劇団 座・未来 11月公演詳細】

昭和4年。
荒れ狂う冬の日本海へ、初の公選水先人として赴任して来た若き川原乙松は、失意のどん底にいた。
泣きっ面に蜂、ド新人に任された新潟港は、船乗りの間でも有名な日本随一のどうしようもないポンコツ港。落ち込む間もなく海賊一味の強奪作戦に巻き込まれ、前任水先人とのバトルも勃発。美女に熟女も加わって、新潟港は大騒ぎ。
ようやく光が見え始めたその時、誰も予想しなかった悲劇が新潟に襲いかかる。港の豪傑たちは、果たしてこの梁山泊を守りきることができるのか?
激動の時代を笑いと涙いっぱいに描く、ロックンロール水滸伝。

『ポンコツ港の水滸伝』(ぽんこつみなとのすいこでん)

◆日時
2018年
11月17日(土) 18:00~
11月18日(日) 13:00~
11月18日(日) 16:30~

※開場は開演の30分前
上演時間 2時間(休憩15分含む)
全3回公演

◆場所
東区プラザホール
東区下木戸1丁目4番1号(赤道交差点角)

◆料金
一般前売 1800円(当日2300円)
高校生以下前売 1000円(当日1500円)
未就園児は抱っこ等で座席を使わない場合無料。

◆チケット発売:9月20日(木)

◆チケットのお求めは

・東区プラザ(事務室にて直接ご購入いただけます)
・東区市民劇団 座・未来
(電話またはメールにてご連絡ください)
※当日精算でお取り置きします
・インターネット
PCから https://ticket.corich.jp/apply/94668/
携帯から http://ticket.corich.jp/apply/94668/
・出演者、スタッフからも直接お求めいただけます。

Share Button

11月公演詳細決定しました

昭和4年。
荒れ狂う冬の日本海へ、初の公選水先人として赴任して来た若き川原乙松は、失意のどん底にいた。
泣きっ面に蜂、ド新人に任された新潟港は、船乗りの間でも有名な日本随一のどうしようもないポンコツ港。落ち込む間もなく海賊一味の強奪作戦に巻き込まれ、前任水先人とのバトルも勃発。美女に熟女も加わって、新潟港は大騒ぎ。
ようやく光が見え始めたその時、誰も予想しなかった悲劇が新潟に襲いかかる。港の豪傑たちは、果たしてこの梁山泊を守りきることができるのか?
激動の時代を笑いと涙いっぱいに描く、ロックンロール水滸伝。

『ポンコツ港の水滸伝』

◆日時
2018年
11月17日(土) 18:00~
11月18日(日) 13:00~
11月18日(日) 16:30~

※開場は開演の30分前
上演時間 2時間(休憩15分含む)
全3回公演

◆料金
一般前売 1800円(当日2300円)
高校生以下前売 1000円(当日1500円)
未就園児は抱っこ等で座席を使わない場合無料。

◆チケット発売:9月20日(木)

※チケットの取扱場所等詳細は追ってお知らせします。

Share Button

ポンコツ港の水滸伝オーディションについて

当劇団11月公演の出演者オーディションを下記の要領で行いますのでお知らせします。
 
◆日時・場所
 
 4月21日(土)13:30~15:30
 東区プラザ音楽室3
 
 4月22日(日)10:00~12:00
 東区プラザ音楽室1
 
 東区プラザ:新潟県新潟市東区下木戸1丁目4−1
オーディション参加の方は、いずれか一方の回にご参加いただきます。
(両日どうしても都合がつかないという方はメールまたは電話にてご相談ください)
 
◆内容
 
(曲目自由。アカペラでもカラオケ音源持参でも可)
・簡単なリズムダンス
・こちらで用意した台本に基づく演技
・個々に得意なことを見せていただくアピールタイム(1人2分程度・内容自由)
 
 
◆◇◆   ◆◇◆
オーディション参加を希望される場合は、
以下の内容をメールで送ってください
◆◇◆   ◆◇◆
 
・お名前
・年令
・性別
・お住まいの地区(新潟市東区下木戸などで可。番地は不要です)
・電話番号(連絡のつきやすい番号)
・メールアドレス
・演技経験の有無(有の場合は可能な範囲で内容もお願いします)
・特技など自己アピール
・オーディション参加希望日(以下のいずれかをお選びください)
 4月21日(土)13:30~
 4月22日(日)10:00~
 
劇団メールアドレス
za.mirai.east@gmail.com
電話
080-4332-1965 (制作 近藤)
 
 
※稽古スケジュールについて
 
稽古は5月の連休明けから月・水に行い、7月後半くらいから日曜稽古も入ってきます。
現時点で稽古参加のスケジュールに不安があるという方も、オーディション時にご都合をお聞きしますので、まずは気楽にご参加下さい。
Share Button

2018年度 本公演脚本決定☆ 4月、出演者オーディション予定!!


東区市民劇団 座・未来の2018年度本公演脚本が決定いたしました。
応募作品の中から選考された受賞作は舞台化され、2018年11月17(土)、18(日)日に東区プラザホールにて、演劇公演を行う予定です。

◆ 受賞作
タイトル:「ポンコツ港の水滸伝」
作者:   鈴木那々子氏

◆ あらすじ:
昭和初期から戦後まで、新潟港で活躍した実在の水先案内人、川原乙松の成長と活躍を軸に、近代化と戦争の波に揉まれながらも逞しく生きた人々を笑いと涙いっぱいに描いたヒューマンコメディ活劇。
荒れ狂う冬の日本海へ、水先人として赴任して来た川原乙松。強面の一匹狼の目の前に現れたのは、ズッコケ海賊一味、アウトローな海の猛者たち、美女軍団に熟女軍団。そこへB29が飛んできて… 港を愛した新潟の豪傑たちが、強く生き抜くロックンロール水滸伝!

◆ 作者談:
「いつもスタッフとして関わっている東区市民劇団に脚本を使ってもらえることになって、感謝と場違い感でいっぱいです。
港町に生まれ育っていながら、港のことを何も知らなかったんですけど、皆さん普通はご存知なものですか?
こんな近所でそんな浪漫あふれるドラマやってたの?!っていう、そんな驚きから出来ています。これから多くの人の手をお借りしてどんな風に育っていくのかさらにワクワクです。
私に湊の魅力と歴史を教えて下さった、にいがた湊あねさま倶楽部の渋川綾子様にまずは感謝を申し上げます。戦前から戦後までを港の男として生き抜いた亡き祖父にも。それから、今後関わる多くのみなさま、どうぞよろしくお願いします。」

(鈴木氏は、東区市民劇団 座・未来の公演に舞台監督、舞台美術等のスタッフとして関わってくださっています)

◆ オーディション情報:
「ポンコツ港の水滸伝」の出演者オーディションを下記日程で行う予定です。演劇経験、年齢性別は問いません。
楽しい舞台を一緒に創ってみませんか。参加のご希望、お問い合わせはメールにて受け付けております。

メール: za.mirai.east@gmail.com

オーディション予定
日時:2018年 4月21日(土)13:00~、22日(日)10:00~
会場:東区プラザ 音楽室

演出家 斉木としや より
「今日(こんにち)では考えられないほど使えなかった当時(明治~昭和初期)の新潟港。何とか開かれた港にしたいと奔走した人々をミュージカル仕立てで描きます。乞うご期待!」

Share Button

東区市民劇団 座・未来 2018年度公演 脚本を募集します

【東区市民劇団 座・未来 2018年度公演 脚本を募集します】
 
 
■募集要項■
 
(1) 応募資格
 
応募者の資格は問わない。
 
(2)テーマ
 
新潟港開港150周年をテーマとし、そこから連想される演劇脚本。時代設定は問わない。
 
(3) 応募条件
 
1 日本語で書かれた戯曲(演劇脚本)で、未発表・未上演のものに限る。他の原作を用いた脚色は不可。
 
2 400字詰め原稿用紙に換算して上限150枚程度。書式は縦書きとし400字詰め原稿用紙、またはA4用紙とする。A4用紙の場合には1枚に800~1600字とし片面印刷とすること。
(上演時間にして概ね90分以内で上演可能なもの)
 
3 最優秀賞の著作権は作家本人に帰属しますが、上演権は東区市民劇団 座・未来にあることを了承すること。
 
4 上演に際し、内容の改変を行うことがあることを了承すること。ただし、大きな変更についてはその都度、演出家と著者とで協議するものとする。
 
(4) 応募方法等
 
1 他の戯曲や小説等から引用した場合は、引用部分に印をつけたうえで、作品の最後に引用作品名および作者名を明記すること。
 
2 戯曲はWordもしくはpdfファイルで提出すること。ファイル名は作品タイトルとする。その際、住所・氏名・年齢・電話番号・メールアドレス、400文字以内程度のあらすじを別のWordもしくはpdfファイルに記載し、提出すること。
 
手書き、プリント等、紙で提出する場合は、戯曲4部と、別紙(1枚)に住所・氏名・年齢・電話番号、(あれば)メールアドレス、400文字以内のあらすじを明記のうえ事務局まで郵送(書留)または宅急便にて期間内必着で送付すること。
 
3 表紙には題名のみ記入し、作品内に作者名は一切記入しないこと。
 
(5)贈賞
 
正賞  作品の上演(2018年11月予定)
副賞  賞金5万円(上演料を含みます)
(6)その他
 
1 受理された原稿は、選考終了後も返却いたしません。
2 入選、落選の理由等は一切お答えいたしません。
 
(7) 募集締切 2018年1月31日(水)必着
 
(8) 結果発表/2018年3月末ごろ東区市民劇団 座・未来ホームページ、Facebookページ、Twitterにて発表
 
選考委員/ 新潟港関係者や地域の歴史に詳しい人などを予定
 
 
 
■お問合せ・応募先
 
東区市民劇団 座・未来 事務局
〒950-0083 中央区蒲原町3-28 2F 11号
mail za.mirai.east@gmail.com
TEL 080-4332-1965(制作:近藤)
HP http://za-mirai.info/

Share Button